Top Page for English

課題演習DC (2016年度): さまざまな測地技術で高さをはかる

2016年12月14日 : 大阪管区気象台見学

今回は大阪管区気象台を訪問し、気象台の業務や施設を見学させていただきました。 また、気象台の若手職員との懇談の場では、大学時代の話や気象台に入ったきっかけなどを伺いました。 土井台長ほか気象台職員の皆さんにご協力いただきありがとうございました。

 

 

2016年12月7日 : GNSSデータ解析(2回目)

前回に引き続き、今回もRTKLIBを用いて白浜GNSSデータの測位解析を実施し、新旧観測棟間の標高差を見積もりました。 また、レポート課題の内容についても確認しました。

2016年11月30日 : GNSSデータ解析(1回目)

白浜で測定したGNSSデータを解析するために、今回はまずGNSSの基礎を学びました。 また、RTKLIBで測位を行うのに必要な各種ファイルや設定の準備を行いました。

2016年11月16日 : 輪読(補講)

今回は Geodynamics の重力に関する章の残りを全て読みました。 来週は祝日のため休みで、再来週からはGNSS解析の演習を始めます。
輪読全訳 : 5.7-5.10(長房), 5.11-5.12(宮内), 5.13-5.14(渡部)

2016年11月9日 : 重力データ解析および輪読(3回目)

前半で Geodynamics の 5.5-5.6 節を輪読し(担当:徳丸)、後半は理学部1号館の北西側階段で dg/dz の測定を行いました。 その後、白浜実習や重力データ解析の内容をまとめて、それをレポートとするよう指示しました。 以下のデータがあればレポートは問題なく書けると思いますが、不足がありましたら風間までお知らせください。
dg/dz測定 : G196読取値(各階の比高データを含む), G680読取値, 潮汐重力変化
その他 : 輪読全訳(5.5-5.6), レポート課題(重力)

2016年11月2日 : 重力データ解析および輪読(2回目)

前半で Geodynamics の 5.3-5.4 節を輪読し(担当:田中)、その後は前回の解析で得られた相対重力データについて考察しました。 その結果、ばね伸び→相対重力値の比例係数を検証(スケール検定)する必要性と、重力鉛直勾配 dg/dz の空間不均質について検証する必要性を確認しました。 今回はスケール検定のため、Kyoto-A(理学部1号館地下)とKyoto-C(理学部4号館地下)で相対重力測定を行いました。 以下のデータを用いればスケール定数を得ることができると考えられます(→レポート課題)。
輪読 : 全訳(5.3-5.4)
スケール検定 : G196読取値, G680読取値, 潮汐重力変化, Kyoto-A絶対重力値, Kyoto-C絶対重力値

2016年10月26日 : 重力データ解析および輪読(1回目)

前半の1時間で Geodynamics の 5.1-5.2 節を輪読し(担当:安藤)、その後相対重力データの解析を行いました。 関連データを以下にアップロードします。
輪読 : 全訳(5.1-5.2)
重力データ解析 : スライド, データシート, 潮汐重力変化(10/09,10/10)

2016年10月8-10日 : 白浜実習

10月8日(土)に下里のSLR観測施設や橋杭岩を見学し、10月9日(日)に相対重力測定(建物内)・水準測量(往路)・リアルタイムGNSS測位を実施し、10月10日(月祝)に水準測量(復路)・GNSS測量・相対重力測定(屋外)を行いました。 データを以下にアップロードします。
水準測量 : ログシート
GNSS測量 : 野帳, 新棟観測データ(GEMA), 旧棟観測データ(GEMB)
相対重力測定 : G196, G680

 

 

 

2016年10月5日 : ガイダンスおよび相対重力測定見学

週末の3連休に白浜実習を行うにあたり、今回は測地学の基礎を学び、実習の流れを確認しました。 また、橋本先生に白浜周辺のテクトニクスについて講演いただきました。
後半には、理学部4号館地下にある国際重力基準点を訪問し、国土地理院による相対重力測定を実施しました。

2016年8月12日 : 今年度の予定

今年度の課題演習DC測地のために本ページを作成しました。履修者の皆さんは随時チェックしてください。 今年度の予定は以下の通りです。

10/05(水) : ガイダンス
10/08(土) - 10/10(月祝) : 白浜実習
10/12(水) : 休講 (風間出張のため)
10/19(水) : 休講 (測地学会のため)
10/26(水), 11/02(水), 11/09(水) : 重力データ解析
11/16(水) : 重力予備日
11/23(水) : 休講 (祝日のため)
11/30(水), 12/07(水), 12/21(水) : GNSSデータ解析
12/14(水) : 休講 (西村出張のため) 大阪管区気象台見学
12/28(水) : GNSS予備日
01/04(水) : 休講 (月曜授業のため)
01/07(土) : 防災センター見学
01/11(水) : まとめの会
01/18(水) : 予備日

写真: 重力並行観測
インドネシア・チビノンで行われた超伝導重力計(右)と絶対重力計(左)の比較観測の様子です。 本研究室が関連しているインドネシア重力測定の研究成果は、例えば以下の通りです。
Abe et al. (2006)
Sofyan et al. (2015)


測地学研究室へのアクセス
〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 京都大学理学部1号館2階 (地図