現在位置 : 風間卓仁のページ > 自己紹介 > 論文リスト

論文リスト

上から新しい順に表示しています。また、●は筆頭著者を、○は共著を示しています。

査読あり論文(英語)

  • T. Kazama, S. Okubo, T. Sugano, S. Matsumoto, W. Sun, Y. Tanaka, E. Koyama (2015): Absolute gravity change associated with magma mass movement in the conduit of Asama Volcano (Central Japan), revealed by physical modeling of hydrological gravity disturbances. J. Geophys. Res. (Solid Earth), 120 (2), 1263-1287, doi:10.1002/2014JB011563. LINK
  • A. Setyawan, Y. Fukuda, J. Nishijima, T. Kazama (2015): Detecting Land Subsidence Using Gravity Method in Jakarta and Bandung Area, Indonesia. Procedia Environmental Sciences, 23, 17-26, doi:10.1016/j.proenv.2015.01.004. LINK
  • K. Doi, H. Hayakawa, T. Kazama, T. Higashi, S. Ohsono, Y. Fukuda, J. Nishijima, Y. Aoyama, J. Ueda (2014): Field Measurements of Absolute Gravity in East Antarctica. Advances in Polar Science, 24 (4-English), 339-343, doi:10.3724/SP.J.1085.2013.00339. LINK
  • T. Kazama, H. Hayakawa, T. Higashi, S. Ohsono, S. Iwanami, T. Hanyu, H. Ota, K. Doi, Y. Aoyama, Y. Fukuda, J. Nishijima, K. Shibuya (2013): Gravity measurements with a portable absolute gravimeter A10 in Syowa Station and Langhovde, East Antarctica. Polar Science, 7 (3-4), 260-277, doi:10.1016/j.polar.2013.07.001. LINK
  • S. Okubo, T. Kazama, K. Yamamoto, M. Iguchi, Y. Tanaka, T. Sugano, Y. Imanishi, W. Sun, M. Saka, A. Watanabe, S. Matsumoto (2013): Absolute gravity variation at Sakurajima volcano from April 2009 through January 2011 and its relevance to the eruptive activity of Showa crater. Bull. Volcanol. Soc. Japan, 58 (1), 153-162. LINK
  • T. Kazama, Y. Tamura, K. Asari, S. Manabe, S. Okubo (2012): Gravity changes associated with variations in local land water distributions: observations and hydrological modeling at Isawa Fan, northern Japan. Earth Planets Space, 64 (4), 309-331, doi:10.5047/eps.2011.11.003. LINK
  • T. Kazama and S. Okubo (2009): Hydrological modeling of groundwater disturbances to observed gravity: Theory and application to Asama Volcano, Central Japan. J. Geophys. Res. (Solid Earth), 114 (B8), B08402, doi:10.1029/2009JB006391. LINK
  • T. Kazama, H. Kawakatsu, N. Takeuchi (2008): Depth-dependent attenuation structure of the inner core inferred from short-period Hi-net data. Phys. Earth Planet. Int., 167 (3-4), 155-160, doi:10.1016/j.pepi.2008.03.001. LINK

査読あり論文(日本語)

  • 風間卓仁, 栗原剛志, 山本圭吾, 井口正人, 福田洋一 (2016): 2015年8月15日桜島膨張イベント時にCG-3M重力計で観測された相対重力および傾斜の連続的な時間変化. 火山, 61(4), 593-604, doi:10.18940/kazan.61.4_593. LINK
  • 土井浩一郎, 東敏博, 早河秀章, 風間卓仁, 大薗伸吾, 青山雄一 (2015): 第53次南極地域観測隊で新設した重力基準点. 南極資料, 59 (2), 229-239. LINK
  • 風間卓仁, 山本圭吾, 福田洋一, 井口正人 (2014): 相対重力データに対する陸水擾乱補正の重要性:桜島火山を例に. 測地学会誌, 60 (2), 73-89, doi:10.11366/sokuchi.60.73. LINK
  • 東敏博, 土井浩一郎, 早河秀章, 風間卓仁, 太田晴美, 大薗伸吾, 羽入朋子, 岩波俊介, 青山雄一, 澁谷和雄, 福田洋一 (2013): 南極昭和基地における絶対重力計FG5による重力測定と重力経年変化. 測地学会誌, 59 (2), 37-43, doi:10.11366/sokuchi.59.37. LINK
  • 青木陽介, ..., 風間卓仁, ... (2008): 浅間山における人工地震探査:探査の概要と初動の走時について. 東京大学地震研究所彙報, 83 (1), 1-26. LINK
  • 名和一成, 杉原光彦, 村田泰章, 風間卓仁, 西田究, 菅野貴之, 小山悦郎, 大久保修平, 奥田隆 (2008): シントレックス重力計連続観測による降雨・地下水流動に伴う重力変化の検出 ―2007年台風9号、浅間火山観測所の場合―. 測地学会誌, 54 (2), 59-67, doi:10.11366/sokuchi1954.54.59. LINK

査読なし論文・報告書(英語)

  • Y. Sofyan, S. Yoshikawa, J. Nishijima, Y. Fujimitsu, Y. Fukuda, T. Kagiyama, T. Kazama, D. Oka (2012): Preliminary Result of Gravity Monitoring on Aso Volcanic Field, Central Kyushu. Geothermal and Volcanological research report of Kyushu Univ., 20, 97-104.

査読なし論文・報告書(日本語)

  • 風間卓仁 (2015): 地上重力測定における陸水擾乱問題. In: 日本測地学会(編), 測地学テキストWeb版. LINK
  • 山本圭吾, 大島弘光, 前川徳光, 及川純, 園田忠臣, 大久保修平, 田中愛幸, 今西祐一, 渡邉篤志, 坂守, 風間卓仁 (2014): 桜島および鹿児島湾周辺における精密重力測定(2013年10月および11月). 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成25年度報告書, 9. LINK
  • 風間卓仁 (2013): 振り子を用いた重力加速度測定 ~日本と南極で振れ方の違いを観察する~. サイエンスネット, 46 (2013年5月号), 1-5. LINK
  • 山本圭吾, 大島弘光, 前川徳光, 植木貞人, 及川純, 園田忠臣, 大久保修平, 田中愛幸, 今西祐一, 渡邉篤志, 坂守, 風間卓仁 (2013): 桜島および鹿児島湾周辺における精密重力測定(2012年10月および11月). 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成24年度報告書, 8. LINK
  • 山本圭吾, 園田忠臣, 大島弘光, 前川徳光, 植木貞人, 及川純, 大久保修平, 今西祐一, 田中愛幸, 武多昭道, 坂守, 渡邉篤志, 風間卓仁 (2012): 桜島および鹿児島湾周辺における精密重力測定(2011年10月). 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成23年度報告書, 8. LINK
  • 大久保修平, 風間卓仁, 山本圭吾, 井口正人, 田中愛幸, 菅野貴之, 今西祐一, 渡邉篤志, 坂守 (2011): 桜島火山における絶対重力観測(2). 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成22年度報告書, 55-60. LINK
  • 山本圭吾, 園田忠臣, 大島弘光, 前川徳光, 植木貞人, 及川純, 大久保修平, 今西祐一, 田中愛幸, 菅野貴之, 坂守, 渡邉篤志, 風間卓仁, 福田洋一 (2011): 桜島および鹿児島湾周辺における精密重力測定(2010年9月および10月). 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成22年度報告書, 49-53. LINK
  • 風間卓仁, 大久保修平 (2010): 重力観測データに含まれる地下水擾乱の水文学的モデリング. 月刊地球「重力観測・理論,その応用―陸上・海底から衛星観測まで―」, 32 (4), 2-5. LINK
  • 山本圭吾, 園田忠臣, 高山鐡朗, 大島弘光, 前川徳光, 植木貞人, 及川純, 大久保修平, 菅野貴之, 風間卓仁, 田中愛幸, 孫文科 (2010): 桜島および鹿児島湾周辺における精密重力測定 (2009年10月). 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成21年度報告書, 59-63. LINK
  • 大久保修平, 菅野貴之, 風間卓仁, 山本圭吾, 井口正人, 田中愛幸, 孫文科, 高山鐡朗, 坂守, 松本滋夫 (2010): 桜島火山における絶対重力観測. 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究:平成21年度報告書, 65-71. LINK

学位論文

  • 風間卓仁 (2010): 重力観測データに含まれる地下水擾乱の水文学的モデリング ~火山体マグマ移動の高精度なモニタリングを目指して~. 東京大学大学院理学系研究科博士論文.
  • 風間卓仁 (2007): 重力観測における地下水ノイズ補正 ~火山活動モニタリングの高精度化に向けて~. 東京大学大学院理学系研究科修士論文.

↑ PAGE TOP