現在位置 : 風間卓仁のページ > 教育 > 指導学生

現在の指導学生

ここでは、私が現在京都大学で指導している学生を紹介します。 測地学研究室所属の学生については 研究室のサイト に本人のコメントも掲載されています。

栗原 剛志(くりはら つよし)

  • 研究テーマ:桜島火山で観測される火山活動起源の短期的な重力変化について
  • 2015(H27)年度:4回生(熱学研究室所属)
  • 2016(H28)-2017(H29)年度:大学院生修士(熱学研究室、火山物理学分科所属)

長縄 和洋(ながなわ かずひろ)

  • 研究テーマ:アラスカ南東部における氷河融解に伴う地殻変動について
  • 2015(H27)年度:4回生(測地学研究室所属)
  • 2016(H28)-2017(H29)年度:大学院生修士(測地学研究室、測地学分科所属)
  • 2017年10月の測地学会講演会にて学生優秀発表賞を受賞

平良 真純(ひらよし ますみ)

  • 研究テーマ:桜島火山で観測される火山活動起源の長期的な重力変化について
  • 2015(H27)年度まで:九州大学所属
  • 2016(H28)-2017(H29)年度:大学院生修士(測地学研究室、測地学分科所属)

宮内 佑典(みやうち ゆうすけ)

  • 研究テーマ:阿蘇火山における相対重力変化について
  • 2017(H29)年度:4回生(測地学研究室所属)

 

過去に指導していた学生

横山 智也(よこやま ともや)

  • 研究テーマ:アラスカ南東部における陸水流動に伴う重力時間変化の物理的モデリング
  • 2016(H28)年度:4回生(測地学研究室所属)
  • 2017(H29)年度:大手銀行に就職

↑ PAGE TOP