Top Page for English

測地学研究室のページへようこそ!
測地学とは、地球の形や大きさを正確に測定することを目的としている学問です。
また、地球形状の時空間的な変動を捉えそのメカニズムを解明することで、 地球物理学の諸分野(地震学・火山学・陸水学など)との融合を図っています。

NEWS

  • 2017年11月8日 NEW!  教育  全学共通科目「地球科学実験」(後期金曜日午後)に関連し、測地学演習のページを作成しました。 履修している方は こちら を随時ご覧ください。
  • 2017年10月10日  研究  10月4日〜6日に開催された 日本測地学会講演会 にて、 本研究室の修士2年生の長縄和洋さんが「アラスカ南東部における氷河性地殻均衡(GIA)に伴う絶対重力変化」というタイトルで口頭発表し、学生優秀発表賞を受賞しました。
  • 2017年8月18日  教育  3回生後期の課題演習DCに関連し、本年度のDC測地のページを作成しました。 履修する方は こちら から随時ご覧ください。
  • 2017年5月20日  お知らせ  5月20日(土)〜25日(木)の日程で、千葉・幕張メッセで JpGU-AGU Joint Meeting が開催されます。 福田教授・風間助教のほか、大学院生の横井を筆頭著者とする発表が予定されています。 上記リンクから発表スケジュールを見ることができますので、ぜひご確認ください。 なお、京都大学地球惑星科学専攻ではブースも出展していますので、こちらにもぜひ足をお運びください。
  • 2017年4月14日  お知らせ  学部生の横山智也君が3月末に卒業し、この4月に就職しました。 新天地でのご活躍をお祈りしています。 また、新学期に入り、本研究室に3人の4回生が新たに配属されました。 メンバー のページを更新しておりますので、ご確認ください。
  • ※ 測地雑誌会の情報は こちら から随時更新しています。
  • ※ 過去のお知らせは こちら から展開すれば閲覧可能です。

写真: GNSS観測@南極
南極大陸を訪れた時のGNSS観測の様子です。 以下の論文にある通り、私たちはGNSS等の測地データで地殻変動を把握し、地球上の様々な現象を探究しています。
Takiguchi et al. (2006)
Miyazaki et al. (2011)


測地学研究室へのアクセス
〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 京都大学理学部1号館2階 (地図